保険治療に関して

<対象となる負傷は?>
急性または亜急性の外傷性の骨折・脱臼・打撲・捻挫および挫傷で内科的原因による疾患でないもの。

<健康保険等が使えるのはどんなとき?>
○骨・筋肉・関節の痛みやケガで、その負傷原因がはっきりしているとき。
○医師や柔道整復師(整骨院・接骨院)に、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉ばなれ等の筋肉・腱・靱帯のケガ)と診断または判断され、施術を受けたとき。
※健康保険等の対象とならない症状は、保険外治療(自費施術メニュー)にて対応いたします。

健康保険の適用となる負傷例
・日常生活やスポーツ中に転んで膝を打ったり、足首を捻ったりして急に痛みがでたとき。
・重いものを持った際に身体に負荷をかけ過ぎてしまい痛みがでたとき。
・階段でバランスを崩した時に、過度な負荷が身体にかかり痛くなったとき。
・走ったりジャンプしたり、屈伸運動などの際に発生した肉ばなれ、筋肉・腱の痛み。
・様々な動作の中での関節周辺の痛み。
・かがんだり、物を持ち上げるなどの動作をした際のぎっくり腰や腰の痛み。
・衣服の着脱や振り返り動作などでの首の痛みや寝違い。


健康保険等の対象とならない例
・単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労。
・脳疾患後遺症などの慢性病や症状の改善のみられない長期の施術。
・保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中のもの。
・仕事中や通勤途中での負傷。(「労災保険」を適用して施術ができます。)
・車やオートバイの事故による負傷。(「自賠責保険」を適用して施術ができます。)